"子どもたちがカンペに書いた質問は、片桐はいりのやさしい個性や、趣味は映画館に行ってもぎりをすること、などという意外な素顔を引き出していた。そして最後に「自分を好きになるためには?」と質問。
「難しいですね……」と少し考えた片桐は、親であれば子どもがどんなに出来が悪くても可愛いはずと例に出して言う。
「親のような気持ちで自分を見るといいんじゃないですかね。親目線で自分を見る」
それは子どもたちが道に迷った時、自分をむやみに傷つけないですむような道標、いわばカンペになるような、悩み多き少女時代をすごした片桐はいりらしいやさしい助言だった。"
"江戸の町人たちは買ったプラモを組まずに積んでおくことを何よりの恥としていました"
Theme created by: Roy David Farber. Based on concepts from: Hunson's Black and Blue Eyes theme. Powered By: Tumblr.
1 of 438